地方風俗出稼ぎ,  美容と健康

冷え性悪化、漢方煎じ薬を飲みたいが…

 

ひどい冷え性

 

 

私の冷え性=内蔵、主に胃(お腹)が冷えること

によって、

身体の他の部分にも悪影響が及ぶことだ。

 

胃が冷えてとにかくしんどい。

 

秋口からストレスフルだったせいなのか。

ストレスで胃をやられる、典型的な虚弱体質だ。

 

そういえばお正月の仕事以来、

身体が燃えてる感が1ミリもない。

 

プールで泳ぐと、身体に燃えてる感は出る。

ほんの30~40分程度、しかも全行程の9割は軽く流す泳ぎ方だ。

 

運動不足だったので、今はそのくらいがちょうどいいようだ。

 

 

冬の時期にここまで体調が悪化すると、煎じ薬を飲みたい。

お金はかかるけれど。

(物によるが、私の症状に使う薬は大体2万円/1ヶ月)

 

 

体調が悪いと、

何をするにも辛すぎるし、効率も悪すぎる。

 

デリヘルの仕事をする場合は、

冷えて下痢をする、車酔いをする。

 

もっと悪化すると、常に気持ち悪い。

 

 

私の常備薬、大正漢方胃腸薬

 

 

お守り薬は、10代の頃から大正漢方胃腸薬顆粒タイプだ。

 

この薬は、安中散という漢方薬をベースに作られていて、

胃腸虚弱で消化不良ための薬だ。

 

芍薬甘草湯という、痛み止めに当たる薬も入っているので、

軽い生理痛にも効果が期待できる。

 

生理時に胃の調子が悪くなる人には、この薬が合うのだろう。

 

しかしこれは、漢方薬の中でも、体質改善というより、

対処療法的な立ち位置の薬だ。

 

 

周りに気を使う煎じ薬作り

 

 

本当にひどい状態になってしまった時には、

やはり煎じ薬が神。

 

だが、煎じ薬にはお金以外にもまだ問題がある。

 

煎じ薬を煮出す時の、物凄い臭いに周囲に驚かれるからだ。

人間は、初めて嗅ぐ匂いや味を、基本的には異臭と認知する。

 

つまり煎じる場所を考慮しなければならない。

 

一人暮らしのアパートであれば問題ないが、

他の人もいる環境だと気を使う。

 

 

自分の家か、完全個室の寮、

もしくはシェアハウスなどの、キッチンが広くて、

換気のいい環境じゃないと厳しい。

 

 

入院患者に漢方薬を処方している、とある病院では、

巨大な排気設備を設置している。

 

慣れている人は気にならないのだが、

それ以外の人には、異臭になり得る。

 

 

私がよく飲むお腹系の漢方薬は、

薬の袋(巨大ティーバックのようなもの)を煎じる。

 

そこに、生姜の輪切りと、

膠飴(こうい)→穀類からできた飴玉を入れるので、

煎じていると、甘い辛い薫りがする。

 

それでも、未知ものは苦手な人にとっては、

違和感、嫌悪感しかないだろう。

 

 

それでもどうしても漢方薬を飲みたい。

毎日こんなに身体が辛いのは嫌だ。

 

人のいない時間に煎じるなど、

工夫をしてなんとか対処するしかないかな。

 

虚弱って、甘えてるヘタレと思われるし、お金もかかる。

 

めんどくさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでくれて、ありがとうございます(^ー^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓応援する!!
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へポチッとしてね〜っ

 

 

 

1件のコメント

  • アバター
    GOA

    ちゃれーんじ🎶
    大草丸
    も良いと聞く。。。
    あれ?これ、便秘だったかな(^◇^;)
    整腸剤だから同じじゃね?(笑)
    ちゃれーんじ🎶。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください