心(脳)のこと,  日記,  美容と健康

抗不安薬で復活した風俗嬢

 

眠れない&悪夢に悩む風俗嬢

 

寝るのが怖い風俗嬢

 

↑こんなに苦しんでいたのが嘘のように、最近よく眠れている。

やはり薬が効いているらしい。

 

でも肝心の悪夢に効くという薬はまだ飲んでいない。

 

あれはそもそも、お守りとして貰っていたから、使わずに済めば、それに越したことはない。

 

やはり抗不安薬がとても効いているようだ。

 

飲むだけでよく寝られて、

悪夢を見なくなるなんて、脳内のシステムって不思議なものだ。

 

他の患者さんも、

抗不安薬には同じようによく効く、という感覚を持っているらしい。

 

ヤク中ではないけれど、苦しい毎日を過ごさなければならない人にとって、

ああいった薬は欠かせないであろう。

 

私は今までの人生で、

あんなに心が苦しかったのは初めてだ。

 

正確に言うと、あの種類の心の苦しみを感じたのは初めてのことだ。

 

もしこの世の中にああいう薬がないとしたら、

どうやって解決するのだろうか。

 

気が狂って、病院に入れられて終わりということになるのだろうか。

 

もしくはそんな便利な薬がなかった時代は、

おそらく眠らせる薬(今でもそういう薬はある)をひたすら飲まされていたらしい。

だからいつもぼや〜っとしているけど、悩むことも苦しむこともないらしい。

 

私の理想としては、

今後もしこういう事態になった時に(二度となりたくないけど)、

あの薬がなくても復活できる自分になることだ。

 

今思いつく方法

▼毎日必ずほどよく疲れる運動をする。

そうしたら絶対自然に寝ますよね。

もとはと言えば、捻挫をして運動できなくなったことも、

事態を悪化させた原因だったのだから。

 

▼遅番ではなく、朝起きて、昼働いて、夜一般的な時間に寝る出勤にする。

今は生活の時間帯が、一般的ではないことも、

いろんな弊害が起きている原因のひとつかもしれない。

 

かもしれないと思うのは、

お金のことや、色んなことに追われてなければ、

別にサーカディアンリズムに沿わなくても、健康な人はたくさんいるからだ。

 

例えば、少し古いけど、

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーのドクみたいな、没頭する研究者とかね。

 

 

 

ここの所、ぐっすり寝てみて感じたことは、

身体が楽になる(健康になる)と、思考が凝り固まらない、しなやかさというか、余裕をもてるということだ。

 

人間やっぱり寝られないとおかしくなるんだな。

 

多分私の場合、

三大欲求の中で一番大事なのは、睡眠だ。

 

あれすることじゃないの?

とは聞かないでくださいw

 

でもここは、

あれをして、満足しきって寝るのが一番!

と言っておきましょうかw

 

 

 

 

 

 

 

 

↓応援する!!
にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へポチッとしてね~っ

 

 

 

1件のコメント

  • アバター
    キキ

    眠れないと、不安になりますよね
    不安になると眠れないし、負のスパイラルに陥っちゃいますよね

    運動も、昼間シフトでの仕事や、ドクのように研究に没頭するとか、できる事は全部やっちゃいましょう
    何かいい睡眠法が見つかるかも
    人肌に触れて眠るっていうのもいいかもですよ

    くすりに頼らず、ぐっすり眠れるようになれるといいですね
    ぐっすり寝て、他の三大欲求も満たされてくださいね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください